注文住宅の業者選びで注意したいこと

注文住宅の業者選びで注意したいこと

憬れのマイホームを手に入れるとなれば誰でも晴れやかな気持ちになるもの。でも実際は、どんなに素敵な家に住んでいる方でも「家を建てるのは大変」と口をそろえていいます。物事は完璧をめざしてしまうと失敗することも多いものですが、家は高い買い物であり、長い年月を家族とそこで暮らすわけですから、できる限り失敗は避けたいところです。

 

 

注文住宅で失敗を避けるためには、なんといっても業者選びが重要です。業者選びも大変なポイントの1つではありますが、業者選びから行うおかげで、建て売りやマンションに比べ、注文住宅の欠陥問題は少なくなってもいるのです。信頼できる業者がみつかれば、安心して施工をまかせることができ、施工中のコミュニケーショントラブルも減ります。

 

 

 

では、良い業者を見分けるコツとはどこにあるのでしょうか。業者はついつい、1番口数の多い営業担当の方の印象で判断してしまいがちなのですが、実際に施工するのは現場の方。特に全ての工程をとりしきる、現場監督の力量は非常に大事です。現在施行中の別の現場を見学して、職人との様子や、現場の管理状態を確かめておきましょう。設計事務所に施工関係を任せている場合も、事務所を施工業者の間で疎通がとれているかどうかを確認します。

 

美顔器ランキング比較【口コミで人気の美顔器】

注文住宅を購入する時には、保証にも注目

 

注文住宅を建てる時には、どのような保証が用意されているのか、その部分から詳しく調べておく必要があります。

 

まず注文住宅の保証については、それぞれの業者ごとに違いが存在しています。

 

そのため、どのような保証制度を採用しているのか、詳しくチェックしておく必要があるのです。

 

 

 

まず保証については、それぞれの業者ごとに違いがあるものの、中には法律によって決められている補償内容も存在しています。

 

 

 

例えば、住宅建築から10年間にわたっては、住宅の基礎となる部分に破損やトラブルがあった場合、無償で修理を行う義務が発生します。

 

この部分がしっかりとしていれば、信頼できる業者として安心してお願いすることができます。

 

 

 

逆に、10年保証について設けられていない業者の場合には、それだけで信頼できない業者と断定できますので、利用しないほうがよいでしょう。

 

 

 

その他にも保証については、建設途中で万が一業者が倒産した場合、ほかの業者が工事を受け継ぐものや、地盤調査や改良を行う保証など、それぞれに種類が存在します。

 

 

 

まず快適な注文住宅を購入したいときには、どのような保証制度があるのかチェックしておくようにしましょう。

 

チェックしておくことにより、保証制度の充実した業者を選ぶことが可能になります。

注文住宅でマイホーム建築中です

 

マイホームを建てることになったのは2年前のことです。

 

まずは、住宅展示場にモデルハウスを見に行くことから始めました。

 

さまざまなホームメーカーがありますが、ホームメーカーによって得意分野があることがわかりました。

 

建て売りの物件もいくつか見ましたが、部屋数だったりキッチンの仕様だったり希望するものとぴったりといったものが見つかりませんでした。また価格はモデルハウスにしているからか、仕様が良い物を使っていたりするため思ったよりやすくないのです。

 

そのためわたしは注文住宅にすることに決めました。

 

モデルハウス巡りをして、自分が希望することをまとめてプランニングしてもらいました。

 

同じ希望を言ってプランニングした3社のなかから1社にしぼりました。

 

選んだポイントはわたしが言葉で伝えた希望が伝わったプランになっているかが重要でした。

 

単なる言葉で伝えただけで一緒のイメージができるというのは、これからマイホーム作りをしていくうえで重要だと考えるからです。

 

ほかには、やはり価格の問題です。希望するメーカーのものが標準で入っていればお安くなるし、どれだけオプション料金がかかるかが最終見積もりにつながってきます。

 

同じようなプランであっても3社3様の見積もりができ、その差額は驚くものでした。

 

自分がお金をかけたいと思う場所にオプション料金を払いたいので、そのようなホームメーカーを選びました。

 

注文住宅は全部がオリジナルにできるので、選ぶ楽しさや、逆に悩むこともありますが、自分たちのマイホームという暖かさを感じることができています。注文住宅にして良かったです。